toplogo.pngyamaboushi.pngyamaboushi.pngevent.pngevent.pngessay.pngessay.pnghamablog.pnghamablog.pngaccess.pngaccess.png

片岡鶴太郎展 こころ色

寒さの厳しい2月の早朝、自宅を出た時に感じた視線。
振り返った先にあったのはお隣の庭に鮮やか咲く朱赤の椿。
その美しさに感動し、「この花を描けるようになりたい」と思ったことが
作家としての原点だと片岡さんはおっしゃいます。

浜美枝が17歳の時に出逢い、
それから50年以上を共に歩んできた古信楽の壷「蹲(うずくまる」。
箱根に住まいを移し迎えた初めての冬、
「蹲」に生けた花もまた椿でした。
その美しさは変わることなく、
見る者に温かみと安らぎを与え続けてくれます。

そんな「椿」と「蹲」を片岡さんが素晴らしい作品として描いてくださいました。
箱根やまぼうしで3年目を迎える本展覧会では、「蹲二椿」の他、
画集未掲載のものを中心に約80点の絵画、陶器、ガラスの作品を展示販売いたします。
美しい箱根の紅葉に囲まれながらご高覧いただければ幸いです。