toplogo.pngyamaboushi.pngyamaboushi.pngevent.pngevent.pngessay.pngessay.pnghamablog.pnghamablog.pngaccess.pngaccess.png

Nefer Gallery SUZANI展

今年もクリスマスに向け箱根やまぼうし様にて展覧会を開催させていただけますことは、私にとりまして生き甲斐であり大きな喜びです。

本年はSUZANI( スザニ) という布地をテーマに、3年ぶりにレバノンよりSarah’s bag をご紹介いたします。またSUZANI を使ったクッションやベッドカバーなど、ホームアクセサリーとしても提案いたします。

エジプトからは「刺繍と遊牧民のアクセサリー」の額装もたくさんご覧いただきます。さらに今年はタイのエイズ孤児施設BRS 様のご協力で、SUZANI の古布に装飾をしたベッドカバーやお財布などをご提供いただきましたのでこちらもご期待くださいませ。

エチオピア女性支援をするandu amet 様からはエチオピアの可愛い手刺繍カードをご提供いただきました。今、世界には本当に多くの子どもたちが教育を必要としています。いろいろな力が一つとなり世界の子どもたちに明るい未来が訪れますように。

Nefer Gallery
代表 金田理恵

今年もクリスマス前にNeferGalleryさんに素敵な展覧会をしていただき、幸せに満ちた気持ちで年末を迎えることができることをとても嬉しく思います。

SUZANIをはじめ世界中の美しい民芸品と出逢うことができるのが毎年楽しみでしかたありません。きっとひと針ひと針、心を込めて美しい刺繍をつくってくださるのでしょうね。母から娘へと受け継がれてゆく布には、人の温もりと優しさが溢れています。思わず魅入ってしまう綺麗なモチーフの数々からは中央アジアの風が吹き、人々の美しい営みを感じます。

そしてチャリティーツリーも私の楽しみのひとつです。
夢があり、その夢の先には子供たちの笑顔が広がっています。
多くの笑顔の輪が広がりますように。
皆さまのお越しをお待ちしております。


浜 美枝

SUZANIとは

SUZANIとは現在のウズベキスタンを中心に18 世紀頃より作られた刺繍を施された布地のことです。
主にウズベキスタン、カザフスタン、ダジキスタンなどの中央アジアで作られています。
ペルシャ語の「針」・「針で縫うもの」という語源からこの布地が「SUZANI」と
呼ばれるようになりました。この布地は母から娘に代々伝統として受け継がれたもので、
嫁入り道具として挙式の日に持参し、新郎に進呈したと言われています。

日本ではまだあまり見かけませんが、西洋諸国ではわざわざこの布地を求めてトルコ等に
買い付けに行くファンも多く、とても珍しく貴重な品物です。

古くからの女性の手仕事、そしてその色鮮やかな配色は日本の皆様を魅了することでしょう。

suzaniのバッグを多数出展

SUZANIのバッグ類

suzaniのバッグを多数出展

チャリティーツリー毎年開催しております「チャリティーツリー」は、
エジプトの楽しい雑貨(クリスマスオーナメント、カード等)をお買い上げいただき、
売上の全額をエジプト・ミニアの子どもたちの為に寄付するというクリスマスイベントです。
まだまだ厳しい情勢下のエジプトです。
皆様のご支援をお願い申し上げます。

2012年度は93,200円のご寄付をいただきました。
寄付金は全額Nefer Galleryさんを通じてエジプトの各施設に寄付されます。
皆さまの多大なご協力をありがとうございました。