toplogo.pngyamaboushi.pngyamaboushi.pngevent.pngevent.pngessay.pngessay.pnghamablog.pnghamablog.pngaccess.pngaccess.png

土楽展

『土楽展』 開催に向けて

あれはもう30年ほど前のことでしょうか。
友人が「白洲正子さんのお宅にお邪魔するのでご一緒にいかが」とお誘いくださいました。
尊敬する憧れの方でしたので、是非にとご一緒させていただきました。

晩秋の頃、武相荘の玄関には秋の野の花が大きな壺に生けられており、胸がときめきました。
やがて宴となり、囲炉裏には炭がおこされ、日本酒で乾杯。
骨董の話、仏像の話や旅で出逢った人たちのお話に私は聞き惚れておりました。

そして、炭火の上に置かれた姿形の美しい黒い土鍋。お料理は鴨鍋でした。
かもは京都から取り寄せてくださったとのこと。至福のひとときでした。
その時初めて、美しい土鍋は福森雅武さん作であることを知りました。
30年ぶりに出逢えるのです。福森さんの作品の数々に。
京都・ギャルリー田澤と箱根やまぼうしでの展覧会。とても楽しみです。
皆さまのお越しをお持ち申し上げております。

浜 美枝

伊賀・土楽窯 福森雅武 プロフィール

福森 雅武 土楽窯 七代当主

昭和19年、伊賀丸柱の土楽窯七代目として生まれる。
界隈の野山を歩いては四季折々の自然のささやきに耳をすませ、白洲次郎・正子夫妻をはじめ、
様々な人々との出会いに薫陶を受けながら作陶に努める。
良く喰らい、良く飲み、良く笑い、よく眠る。
花や木々と言葉を交わし、米、野菜、肉、川魚など伊賀の自然の恵みを大らかに楽しむ暮らしを
通じて生まれた器は、余計な主張を徹底して捨て去ったもの。
その果てに宿るのは、力強くも優しさを帯びた魂である。

伊賀・土楽窯 福森道歩 プロフィール

福森 道歩

土楽の七代目で陶芸家の福森雅武氏の四女として1975年に生まれる。
短大卒業後、料理研究家・村上祥子氏のもとで3年、辻調理師専門学校で1年料理を学んだ後、
大徳寺龍光院にて1年禅寺での生活を経験する。
2003年に家業に入り、土鍋を作る傍ら、「食」と向かい合う日々を送る。
名料理人でもある父・母ゆずりの味覚の確かさ、食を通じて人々に喜んでもらいたいと思う心、
きらめく若さに満ちた勢いのある料理が、多くの人を喜ばせている。

banner.jpgbanner.jpg

土楽展・特別企画
「室井シェフの土鍋リゾットとスプマンテを愉しむ会」
を5月27日(月)に開催します。詳細はこちらから!


箱 根 展
会期: 5月26日 ~ 6月2日 (水曜休廊)
時間: 午前11時 ~ 午後5時 入館料500円
会場: 箱根やまぼうし
住所: 神奈川県足柄下群箱根町箱根141
地図: map_yamaboushi.pdf
電話: 0460-83-1288


福森雅武 x 浜美枝 対談
土楽四女・道歩さんの作る土鍋料理をご用意いたします
開催日:5月26日(日) 午後12時 ~ 2時頃まで
満席のため受付は締め切りました



yamaboushi.jpg

京都・ギャルリー田澤展

京 都 展
会期: 4月11日 ~ 21日 (月曜休廊)
時間: 午前11時 ~ 午後7時
会場: ギャルリー田澤 河原町店
住所: 京都市中京区河原町夷川上る指物町330-2

福森雅武 x 浜美枝 対談
土楽四女・道歩さんの作る土鍋料理をご用意いたします
開催日:4月13日(土) 午後2時 ~ 4時頃まで
参加費:3,000円 先着25名(要申込み)

土鍋料理とワインの会
土楽四女・道歩さんに土鍋料理を作っていただきます
開催日: 4月14日(日) 午後2時 ~ 3時半頃まで
参加費: 2,000円 先着20名(要申込み)

詳細はメールかお電話にてお問い合わせください
電話: 075-231-8700 メール: info@g-tazawa.com